×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

割り箸を使ったトレーニング

宇多田っぽい雰囲気

カラオケで友人や知人などと一緒になって歌いたいと思っても、うまく歌えないとテンションが下がってしまいますよね。
音痴を克服するトレーニングとして、割り箸を使ったものがあるのを知っていますか?
ボイストレーニングの草分け的存在である上野直樹先生が伝えたもので、一時期メディアでも話題になった方法です。
準備するものは割り箸2本以外に何もありません。
左右の奥歯で縦にした割り箸を「い」の口で軽く噛みます。
その状態をキープしたままで「あー」という声を出します。
その次に割り箸を除いた状況にして同じく声を「あー」と発します。
この二つのステップを何回も繰り返すことで、音痴が治っていくでしょう。
割り箸を使ったこの方法で、どうして音痴が改善されるのかというと、喉の筋肉を開けて声を出すということを体に覚えさせているからなのです。
このトレーニングに取り組むと、割り箸があるときとないときでは自分の声に変化が生じていることを認識するでしょう。
割り箸を奥歯で噛んだまま音を出すと、喉を開いて声を出すという形が出来上がるので、自然に高音まで出すことができます。
継続的にトレーニングに励み、喉の筋肉を開くことが自在にできるようになれば、発声に異常がある音程が外れるのは克服できるでしょう。
さほどのお金も使わずに時間や手間も必要がなく、2本の割り箸を用意するだけで即トレーニングを始めることができるので、ぜひともやってみてください。

 

Q&Aサイトとかでも、「上手く歌えるようにする練習法」「歌が下手なのはどうすればなおりますか!?」という疑問があるみたいなんですよね。
集合知ってやつでしょうか。役に立ちますね。

 

次のサイトを見ても、なにかいい情報がありそうです。

 

「音痴をなおしたい、歌がうまくなりたい! 音痴をなおす方法徹底研究」 週刊!エキサイト | Excite ...

 

なるほど、本で調べなくても、ネットでかなりのデータを得ることができるので、助かります。


割り箸を使ったトレーニング同一カテゴリ

音程が外れる音痴について
音痴とは、歌や音楽が上手くない人のことを指して使うことが多いでしょう。 音程が外れるのは音に関しての感覚が良くないので、ズレることなく歌うことができないようです。 自覚のある人もいれば、自分では気付か...
仮性音痴はトレーニングで治る
音程が外れるのは生まれつき大脳の機能に問題があるという見方もされていますが、音程がずれた歌ばかり聞くというような環境によって発症する場合も。 音の聞き分けをしている耳に異常があり、正しく音を認識するこ...
ボイトレに通うのも方法です
歌がうまく歌えないというのは、ストレスの原因になることもあります。 音痴の克服を希望して、ボイストレーニングを利用する人も見受けられます。 ボイストレーニングを利用すると、目安として1ヶ月2回につき1...
呼吸法と音痴
音痴の症状を引き起こすもととしては、正しく呼吸をすることが難しいといったことも影響しています。 呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸という二種類があります。 日常生活では胸式呼吸をしている人が多いのですが、歌...
音痴をなおすハミング法
音痴を治すために役立つ方法として、ハミング法と言われるものがあります。 ハミングとは鼻音唱法といわれ、歌詞は無しで旋律部分を「m」や「n」などの音を使って歌うことを言います。 分かりやすく鼻歌と言えば...
2つの音痴の原因
主に音痴を引き起こす原因は2つです。 一つ目は聴覚にトラブルを抱え、音をきちんと認識できないもの。 この場合だと感受性音痴となり、音程が乱れていることも確認できないため自分自身が音痴であることに気付い...
リズムがとれないリズム音痴
音痴の症状には音程が乱れるケース以外に、正確にリズム感が取れないリズム音痴といわれるものがあります。 これはと言うと、歌や音楽にあるリズムを取ることが不可能で、変になってしまうものです。 音程が微妙に...
バケツで音痴を克服しよう
自分が音痴であるとわかっていて、治したいと思ってもボイスレッスンを利用するという人は多くないでしょう。 できれば時間やお金をかけずに、自宅で自分だけで音痴を良くしたいですよね。 準備しやすいものを使用...
音楽を聴いていれば音痴にならない?
音痴には感覚性音痴と運動性音痴があり、感覚性音痴というのは音が聞こえても把握することが困難で、音を捉えるときにも、音を出すときにも、さらに出した音が正しかったのかを捉えることもできません。 もう1つ...