×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音痴をなおすハミング法

宇多田っぽい雰囲気

音痴を治すために役立つ方法として、ハミング法と言われるものがあります。
ハミングとは鼻音唱法といわれ、歌詞は無しで旋律部分を「m」や「n」などの音を使って歌うことを言います。
分かりやすく鼻歌と言えば理解しやすいでしょう。
ハミングをするには口を閉じ、鼻から声が発せられるような形で旋律を歌います。
発声練習の際にもハミングは利用され、音痴の治療にも有効な方法でしょう。
ハミングをすることで体の中から伝わる音(内耳共鳴)を感じられるため、自分がどのような音程で歌っているのかを把握することができます。
それに、どれぐらいの音を自分が響かせているかというのを実感することも可能になるので声の出し方や強さなどの練習にもなります。
ハミングを音痴治療をするために始める場合は、まず最初に体の緊張を和らげることが欠かせません。
要らない力を体に入れないことによって、自分がどのような音を発しているのかを間違いなく聞けるようになります。
体が緊張していると喉への力も強まり、声帯が閉鎖していくでしょう。
声帯が締まると発声しにくくなり、正常な音を出すことが不可能になってしまうため、ハミングをする時にはリラックスするように心がけましょう。
ハミング法は、腹筋を意識してお腹に力を入れて行なうと高い音がスムーズに出てくるようになるので音域を拡大するのにも効果を発揮してくれるでしょう。
ハミングというのは大きい声を発することなく行うことが可能です。
ですので、周りの人に面倒をかけることもなく、きまりが悪い思いをしなくても済むのでいつでも気軽に音痴の克服練習ができるでしょう。

 

OKwaveとかのQ&Aサイトを見ても、「ボーカルです。ドラムのリズムにのれない」「隣人に聞こえないように歌の練習をしたい!!」っていう見出しが目に入ります。
匿名の人が言うことをどこまで信じるかっていう問題もありますが。

 

下記のサイトも、役に立つんじゃないかと思います。

 

鼻歌(ハミング)の活用法 | 音痴の直し方をわかりやすく解説!音痴直し方ガイド

 

うーん、本とかで調べなくても、インターネットでけっこうな量の情報が手に入るので、助かりますね。


音痴をなおすハミング法同一カテゴリ

音程が外れる音痴について
音痴とは、歌や音楽が上手くない人のことを指して使うことが多いでしょう。 音程が外れるのは音に関しての感覚が良くないので、ズレることなく歌うことができないようです。 自覚のある人もいれば、自分では気付か...
仮性音痴はトレーニングで治る
音程が外れるのは生まれつき大脳の機能に問題があるという見方もされていますが、音程がずれた歌ばかり聞くというような環境によって発症する場合も。 音の聞き分けをしている耳に異常があり、正しく音を認識するこ...
ボイトレに通うのも方法です
歌がうまく歌えないというのは、ストレスの原因になることもあります。 音痴の克服を希望して、ボイストレーニングを利用する人も見受けられます。 ボイストレーニングを利用すると、目安として1ヶ月2回につき1...
呼吸法と音痴
音痴の症状を引き起こすもととしては、正しく呼吸をすることが難しいといったことも影響しています。 呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸という二種類があります。 日常生活では胸式呼吸をしている人が多いのですが、歌...
2つの音痴の原因
主に音痴を引き起こす原因は2つです。 一つ目は聴覚にトラブルを抱え、音をきちんと認識できないもの。 この場合だと感受性音痴となり、音程が乱れていることも確認できないため自分自身が音痴であることに気付い...
リズムがとれないリズム音痴
音痴の症状には音程が乱れるケース以外に、正確にリズム感が取れないリズム音痴といわれるものがあります。 これはと言うと、歌や音楽にあるリズムを取ることが不可能で、変になってしまうものです。 音程が微妙に...
割り箸を使ったトレーニング
カラオケで友人や知人などと一緒になって歌いたいと思っても、うまく歌えないとテンションが下がってしまいますよね。 音痴を克服するトレーニングとして、割り箸を使ったものがあるのを知っていますか? ボイスト...
バケツで音痴を克服しよう
自分が音痴であるとわかっていて、治したいと思ってもボイスレッスンを利用するという人は多くないでしょう。 できれば時間やお金をかけずに、自宅で自分だけで音痴を良くしたいですよね。 準備しやすいものを使用...
音楽を聴いていれば音痴にならない?
音痴には感覚性音痴と運動性音痴があり、感覚性音痴というのは音が聞こえても把握することが困難で、音を捉えるときにも、音を出すときにも、さらに出した音が正しかったのかを捉えることもできません。 もう1つ...